初心者の人は最初は弾けるようになることだけで精一杯だとおもいます。

 

ですが、ある程度やりたい曲が弾けるようになったら、今度は「音色」を追求してみましょう。

 

具体的には、今弾いている曲の音をもっとよくしてみようと意識してみるのです。

 

その時に便利なのが、スマホなどを使って録音することです。

 

自分の演奏を録音して聞いてみると、今まで気が付かなかった演奏の粗やミスがよくわかります。

 

・粗やミスがあるのであれば、それが一切なくなるように練習してみる

 

・音の粒が揃っていないのであれば揃うように弾いてみる

 

など、録音を聴いたら、元のアーティストの音に近づけるように練習してみましょう。

 

こうやって練習すると、ただ単に曲が弾けている状態から、より音楽的に意識された演奏になっていきます。

 

例えば毎日自炊をしなければいけないとします。

 

このとき毎回適当に作るのと、常においしさを追求するのとでは、どちらが将来的においしいご飯が作れるようになるか、想像するだけでわかりますよね?

 

ギターも同様に、同じ練習をしていても音色を追求するのとしないのとでは上達に差が出てきます。

 

冒頭に申し上げたように、初心者の頃はまだ音色を追求するのは難しい場合があります。

 

ですが、少しずつレベルアップしていったら音色を追求すると、さらに上達するようになるのでお勧めです。

 

どんなふうに音色に気を付けるべきかなども、レッスンで指導しています。

 

今回の話でわからないことがあれば、いつでもレッスンで相談してくださいね。

 

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム