自分に合うピックというのはなかなか見つからないものです。

昔は弾きにくかったのに今は弾きやすいというピックもありますし、ギターの上達具合によっても使いやすさが変化します。

そこで今回は自分に合うピックを探す方法についてお話します。

まずはお店でピックを20枚以上買おう

早速ですが、ピックの種類が豊富に取り揃えているお店に行って、大量にピックを買いましょう。

それこそ20枚以上買うのがベストです。

「えーそんなに買うの!?」と思うかもしれませんが、20枚買っても2000円程度です。そこまで大きな出費にはならないので安心です。

このとき、形・大きさ・素材がバラバラのものを買うのがポイントです。

※ピックの種類について知りたい人は下の記事を参考にしてください。
→「ギターピックの種類とその違い」

ピックというのはただでさえ種類が豊富です。そのため自分に合うピックを探すにはまず、あらゆるピックを実際に触ってみることが重要になります。

ありがたいことにピックというのはギターと比べて非常に安価で手に入るため、様々な種類のピックを試すことが可能です。

なのでまずはお店であらゆる種類のピックを購入し、それらを弾き比べ、自分にはどういったピックが合うのか候補を絞っていきます。

こうすることで、自分の弾きやすいお気に入りのピックがわかってくるようになるのです。

好きな形があればそれにこだわってもいい

この時、「ティアドロップ型が一番しっくりくる」という人だったら、ティアドロップ型に絞って厚さや材質を変えてもいいでしょう。

同じ形のピックでも厚みや素材でも弾きやすさは変わります。今までと違う厚みや素材のピックの方が使いやすかったりすることもありますので、ぜひ試してみてください。

もしギターが上達したら、余ったピックたちをもう一度触ってみるのもいいでしょう。

以前の自分と比べてフィーリングがどう変わってるかなどを知ることができますし、今使っているピックが自分に合っているかも再確認することができます。

ピック選びというのは些細なようで大事なことです。

僕のレッスンではピック選びの相談も随時受けています。

気になることがあればレッスンのときに気軽に聞いてくださいね。

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム