ライブのように人前で演奏をするときに、緊張してしまう人は多いようです。

「体に力が入りすぎてしまってうまく演奏できない…」

「演奏できても頭が真っ白になってどこを演奏しているかわからなくなる…」

そういう人は多いです。

ではどうすればライブで演奏する時に緊張しなくなるのでしょうか。

演奏が不安なフレーズをとにかく無くす

ライブ時に緊張してしまう理由の一つに、演奏するのが不安なフレーズが残っている場合があります。

不安なフレーズが残っていると、ライブ演奏時に弾けるかどうかさらに不安になります。

仮にそのまま演奏を始めたとして、不安なフレーズでミスしてしまうと、途端に演奏が止まってしまう可能性があります。

ですので、演奏に不安が残るフレーズは積極的につぶしていきましょう。

もし本番までに間に合わそうな場合は、そのフレーズを簡略化するなどの工夫をするといいです。

無理して不安の残るフレーズを弾いて大失敗をしてしまうより、無理のないフレーズを弾いて演奏を完成させる方が良いでしょう。

ミスを恐れない

初心者の頃は「ライブで完璧に演奏せねば!」と意気込んで、演奏中に一切ミスをしてはならないと思いがちです。

確かにミスなく演奏するのは理想ではあります。そのために皆さん練習しているでしょう。

しかし、実際にはプロですらミスはします。人間である以上仕方がありません。

それにもかかわらず、初心者の頃に「ミスしてはいけない!」と自分を追い込みすぎると、逆にミスを誘発する原因となります。

ですので最初の頃から、ミスを恐れずに演奏しましょう。

仮にミスしたとしても、うまくごまかせるようにしておきましょう。

上手な人ほど、ミスをしてもミスをしたと思わせないように演奏します。

そのためにはミスをしても、ミスしたと悟られないようにしましょう。

ミスした時は顔に出やすいので、できるだけ顔には出さずに涼しい顔をしておきましょう。

多少のミスは気にせず、堂々としておくことをおすすめします。

人に見られながら練習する環境を作る

ライブというのは大勢の人に見られる環境です。

そういう自分たちだけが注目される環境に慣れていない人にとっては、観客に見られるだけで緊張してしまうでしょう。

一番いいのはライブをどんどん重ねて、場慣れしてしまうことですが、なかなか最初はそんなにライブなんてできないでしょう。

そういうときは家族でも友達でも誰でもいいので、他人に自分の演奏を見てもらいましょう。

練習しているところを見てもらっても構いません、とにかく他人に見られながら演奏することに慣れておくのです。

緊張した状態で自分をコントロールできるようにするために、あえて練習中に緊張状態を自ら作り、その中で自分をコントロールする練習をするのです。

こうすることで緊張した状態で力を抜く練習ができ、冷静に自分をコントロールできるようになっていきます。

おわりに

初めてのライブというのは緊張するものです。

それは仕方がないこととはいえ、できれば緊張を和らげて演奏したいですよね。

ぜひ今回の話を参考にしてみてください。

 

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
→お問い合わせフォーム