「自分のやりたい曲を早くやれるようになりたくて、まだ今やっている課題が身についてないのに次の課題に進んでしまう」

 

「そして先に進んだはいいけれど、さっきまでやっていた課題をこなさないと次に進めないことがわかり、また前の課題をやり直す、、、」

 

という経験は、誰にでもあるのではないでしょうか?

 

ギターレッスンでも同じようなことが起こります。

 

レッスンで新しいことを習得すると、自分の視野が広がってさらに新しい内容を習得したくなる。

 

そこで今レッスンで習った内容の先を、自分で先取りしてみる。

 

しかし、挑戦してみるも内容についていけず、結局今やっている内容に戻ってくる、というのはよく聞きます。

 

こういった経験は、「はやくうまくなりたい」といった焦りから生じます。

 

もちろん、はやる気持ちはとてもよくわかります。

 

「早く上手くなりたい、もっとうまくなりたい」という気持ちがあるから生まれる、とても自然な感情です。

 

ですが、焦って近道しようとすると、結果的に普通にやっていた時よりも時間がかかってしまうのです。

 

なので、ここははやる気持ちをぐっとこらえて、目の前の内容に集中してみてください。

 

焦らずちゃんと目の前のことを一歩一歩やることで、今やっている内容が確実に身につきます。

 

そして次のレッスン内容に進んだとき、必要なスキルが確実に身についているので、新しい内容の習得が楽になります。

 

こうなると、焦って練習していたときよりも視野が広くなり、新しい発見も増えるので、結果的に良いことづくめなのです。

 

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム