バンド練習のときに、メンバーとケンカになりやすい原因の一つが「練習不足」です。

そもそもスタジオ練習とは、何のためにやるのでしょうか?

「バンドでやる曲をバンドで合わせるため」ですよね。

つまり「バンドでの練習をする」ためで、「個人練習をするため」ではないということです。(個人練習が目的なら話は別です)

最初に楽器経験者のメンバーがいれば、初めてスタジオに入ったときに指摘してくれるのでいいのですが、メンバー全員が初心者となると意外とやってしまうのですよね。

ですが、これでは意味がありません。

個人練習を始めてしまうと他のメンバーを待たせることになりますし、何より音楽スタジオ代がもったいないです。

スタジオに入った時には、演奏する曲のギター練習がほぼ全て終わっている状態が望ましいです。

そうすればバンド練習中に苦手な部分を見つけることができ、バンド全体での課題を見つけることができます。

ギター練習が全く仕上がっていないと、そもそも弾けないので、改善点を見つけることができません

なので、スタジオに入る前はしっかり練習しとおきましょうね。

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム