ギター初心者にとって初めて聞く単語であろう、ギターチューナーという言葉。

このギターチューナーとは一体何でしょうか?

ギターチューナーとはギターをチューニングする機材

ギターを演奏するうえで大事になるのがチューニングです。

別の記事でも書きましたが、ギターを演奏する際には最初に必ずチューニングという作業を行う必要があります。

「ギターのチューニングとは?初心者向けのチューニングの方法」

そのチューニングを行うのに使われるのが、このチューナーという機材です。

チューナーにはいくつか種類があり、シールドを繋いでギターのピックアップから音を拾って音程を測るものと、ギターのヘッドに装着してギターの振動から音程を測るクリップ式のものがあります。

「シールドケーブルとは?ギター初心者のためのシールドの知識」

精度で言えばシールドをつなぐタイプの方が精度が高いですが、すぐにチューニングできる・アコギでもチューニングできるという点ではクリップ式の方が便利です。

他にもペダルタイプのチューナーもあり、こちらはフロアでエフェクターと同じように接続できるタイプで、ライブなどで演奏の合間にチューニングするのに便利です。

個人的には家で練習する場合はクリップ式を、スタジオなど周りの音が大きい場所ではペダル式を使うことが多いです。

 

 

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
→お問い合わせフォーム