ギターを始めると必ず聞くことになる単語の一つに、「シールド」があります。

これからギターを始める初心者の人にとっては「シールド?盾?」って思うかもしれませんが、もちろんシールドは盾のことではありません。

シールドとはシールドケーブルのことで、ギターで使うケーブルを示しています。

今回はギター初心者の人でもわかるように、このシールドについてお話しします。

シールドケーブルとは?

シールドとは「シールドケーブル」の略で、オーディオケーブルという音声信号を伝えるケーブルの1種です。

簡単に言えば音楽などの音を扱うケーブルのことです。イヤホンなどのケーブルのギター版と思ってもらって大丈夫だと思います。

シールドは主にギターとギターアンプを繋いだり、エフェクターやオーディオインターフェース(パソコンとギターを繋ぐための機器)を繋ぐのに使用されます。

ミュージシャンが演奏しているところを見ると、ギターやアンプからコードが出ているのがわかると思います。あれがシールドです。

エレキギターはアコギと比べて本体から出る音は小さいのですが、アンプにつなげることで大音量で演奏することができます。

そのために必要なのが、このシールドです。

ちなみにシールドにはギターで使われるものとそうでないものがあるので注意が必要です。

ギター初心者の人はギターショップで店員さんに聞けば間違いないでしょう。

シールドの長さはまちまち

シールドの長さには1m、3m、5m、10mがあります。

一般的なのは3mですが、どれを選ぶかは好みや使い方によって変わります。

ただ「大は小を兼ねる!」と思って最初から10mを買ってしまうと結構邪魔になるので、3mくらいで十分だと思います

シールドのプラグ

シールドにはプラグ(先端の金属のパーツ)と呼ばれるパーツがついています。

このプラグにはまっすぐのものと、L字のものがあります。

アンプによってはジャック(シールドをつなげる部分)が上向きについている場合があり、これに直線タイプのシールドをさすとプラグの根元に負担がかかりやすくなります。

そんな時はL字タイプのシールドをさすことで、シールドへの負担を減らすことができます。

自分の練習環境に合わせてプラグは選んでみましょう。

シールドのつなげ方

シールドの使い方はとても簡単で、ギターやアンプのジャックに挿し込むだけです。

ただしこのとき、ギターやアンプのボリュームは全て下げ、かつ電源は切っておくように注意しましょう。

電源が入ったままシールドをつないだりすると、故障の原因になります。

シールドをつなげるときは「電源を落としておく→シールドをつなげる→電源を入れる」ようにしましょう。

逆にシールドを抜くときは「電源を落とす→シールドを抜く」ようにしましょう。

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム