ギターの左手のグリップ(持ち方)には2種類の持ち方があります。

一つは今回お話しするクラシカルグリップ、もう一つはシェイクハンドグリップと呼ばれる持ち方です。

今回はクラシカルグリップについてお話ししようと思います。

クラシカルグリップとは

クラシカルグリップとは、ネックに親指をひっかけない持ち方です。

基本的に手のひらとネックは平行になるようにします。

もともとクラシックギターのときから使われていた持ち方で、ギターで言えば伝統的な持ち方と言ってもいいでしょう。

クラシカルグリップのときは指を寝かせすぎたり、ネックと手のひらの角度が付きすぎないようにしましょう。

クラシカルグリップはどんな時に使うのか

クラシカルグリップはエレキギターでもアコギでもよく使われる持ち方です。

主に短音を弾くときに使われますね。

速弾きなどでも、広い範囲をストレッチフォームで演奏できるのでよく使われます。

クラシカルグリップが苦手な奏法

クラシカルグリップではビブラートやチョーキングのように弦を上下させる奏法は苦手です。

クラシカルグリップでも指を弦方向(横方向)に揺らすビブラートであれば演奏できますが、上下に動かすビブラートだと力が入れづらいのが特徴です。

 

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
→お問い合わせフォーム