ギター初心者の方に限らず、ギターレッスンを受けようと思っている方の中には、ギターレッスンでは何を学べるのかわからない人もいるかと思います。

そこで今回はギターレッスンで普段僕が教えていることを、かいつまんで紹介しようと思います。

ギター初心者にはまずは基礎的なことを

ギター初心者にとってはギターを弾くこと自体が初めての人が多いので、まずはギターを弾くということ自体に慣れるために、簡単な曲を弾けるように指導していきます。

簡単なコードを含んだ曲や、生徒さんが演奏したい曲を簡単に弾けるようにアレンジして練習します。

こうして指を慣らしていき、ギターを弾けるようになるベースを作っていきます。

ある程度ギターを弾くことに慣れてきたら今度は少しずつ難しいコードや演奏にも挑戦していくようにします。

中級者以上には基礎の復習・より難しい曲への挑戦・音楽理論をのさわりを

既にギター中級者の方、もしくは僕の生徒さんで中級レベルになった人には、基礎の復習をしつつ新しく難しい曲にも挑戦していきます。

この頃には最初の時よりもよっぽど指が動くようになってきていると思うので、より複雑な動きも練習し、技術面の向上を目指していきます。

また、余裕があれば少しずつ音楽理論も始めていく時期でもあります。

ギターというのは、たとえコピーがメインだったとしても音楽理論を習得しておくとのちのち便利になることが多いです。

また、人によってはアドリブをやりたいと思う方もいるでしょうが、アドリブをやる場合にも音楽理論の習得は必須になってきます。

音楽理論というのはいわば英語の文法のようなもので、仕組みを知ることでより音楽の幅が広がります。

音楽理論の習得は英語と同じように習得に時間がかかるものですが、ステップアップの途中経過も楽しいので、普段の練習と並行して学習することをオススメしています。

おわりに

おおまかなレベル別のレッスン内容は以上の通りです。

もちろんレッスンの内容は人それぞれになりますので、一概にすべての人がこうだとは限りません。

ですが、レッスンをイメージするおおまかな目安として受け取っていただければと思います。

実際のレッスンではどのようにレッスンを進めていくかなど、生徒さんとのカウンセリングも行っています。

レッスンを受けていて不安なことや相談したいことがあれば遠慮なく聞いてくださいね。

 

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
→お問い合わせフォーム