ギターを弾いていると聞くことになるピックアップという単語。

ギター初心者にとっては馴染みのない言葉かもしれませんね。

今回は消化不良の起こさないよう、必要最低限の情報に絞ってお伝えしようと思います。

そのため構造的な詳しい内容は割愛していますが、いつか載せられたらなと思います。

それでは始めましょう。

ピックアップとは何か

エレキギターにとっては非常に重要なパーツなのがピックアップというパーツ。

以前エレキギターの話のときにも少し話しましたが、ピックアップというのはエレキギターの弦の振動を電気信号に変える装置のことで、ボディに埋め込まれています。

簡単に言えばギターの音を拾うマイクです。イメージとしてそう思って大丈夫です。

カラオケでマイクで歌うときはエコーをかけたり、最近の機種だと「ケロケロボイス」とか「男性ボイス・女性ボイス」といったボイスチェンジャーをかけたりできますよね。

あれは人の声をマイクが拾い、声を電気信号としてカラオケの機種まで送り、カラオケの機種で色々なエフェクトをかけてスピーカーに流す、という仕組みです。

同じようにエレキギターも、ピックアップでギターの音を拾い、電気信号に変換してエフェクターやアンプに音を送り、キャビネットやスピーカーから音を出しているのです。

有名なピックアップ

シングルコイル

ストラトキャスターやテレキャスターなどに搭載されているピックアップです。

きらびやかな音を出してくれるピックアップで、ファンキーな歯切れのいい音も出してくれます。

ノイズを拾いやすいという弱点がありますが、高音域の繊細な響きが欲しい人にはもってこいのピックアップです。

ハムバッカー

シングルコイル・ピックアップはコイルが一つなのですが、ハムバッカーはコイルが2個ついています。

ノイズに強く、中低音が豊かという特徴があります

レスポールや最近のモダンなエレキギターの後段に見かけるピックアップです。

ヘビーな音を出すのが得意なので、ロックやメタル系のギターにもよく使われます。

ピックアップの配置例

ピックアップには色々な配置の仕方があります。(以下、Sがシングルコイル、Hがハムバッカーを示します)

王道のストラトキャスターで言えば前からSSSの順に並んでいますし、レスポールならHHの配置です。

一方最近のモダンなエレキギターだとSSHやSHのように、前段はニュアンスの繊細なシングルコイルを、後段にはヘビーな音に使えるハムバッカーを搭載する機種も多いです。

中にはシングルコイル同士を組み合わせてハムバッカーのように使ったり、逆にハムバッカーをシングルコイルのように分割して使えるスプリット機能を搭載したギターもあります。

そこらへんはギターによるので、試奏するときに店員さんに教えてもらいながら使い分けてみましょう。

おわりに

今回はだいぶ簡単にピックアップの話をさせていただきました。

本当はシングルコイルと同じ大きさのハムバッカーピックアップだったり、アクティブピックアップと呼ばれるピックアップがあったりと話は尽きないのですが、とりあえず今回はこのへんにしておきましょう。

ピックアップによって音色がガラッと変わるので、ぜひお店で色々試奏してみてくださいね。

 

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
→お問い合わせフォーム