ギターのピックの種類というのは本当に豊富です。

しかし豊富な分どんなピックがあるのか、ギター初心者の人にとっては混乱の原因になります。

そこで今回はギター初心者向けに、ギターピックの大まかな種類を紹介します。

ピックの形

ピックの形も細かく紹介すると情報過多になってしまうので、今回はギター初心者が覚えておくといい種類のみお伝えします。

ティアドロップ型

最も定番と言っても過言ではないピックの形です。涙のような形をしていることから、ティアドロップという名称がついています。弾きやすく、どんなプレイスタイルにも使えるピックです。

トライアングル型

通称おにぎり型。カッティングやストロークに向いていると言われています。三角形でどの頂点も同じ形なので、どれか一つの頂点が削れても他の頂点を使うことができます。

ジャズ型

ティアドロップ型をさらに小さくしたような形で、ピックの先端はティアドロップ型よりもシャープになっています。名称の通りジャズで使われるだけでなく、ピッキングのしやすさからロックやメタルのテクニカルギタリストも使っています。

サムピック型

アコギをフィンガーピッキングするときに使われるピックで、親指にはめて使用します。アルペジオを弾くときに、親指で弾くよりもピックらしいシャープな音が出ます。

ピックの素材

次にピックの素材です。素材によって触り心地と弾き心地は結構変わってきます。

セルロイド

最も定番な素材です。固すぎず、柔らかすぎずな素材で、セルロイド製のティアドロップ型は数多く販売されています。

ナイロン

衣服などに使われる化学繊維のナイロンと同じ素材。少し固めで、服に使用されるように摩耗に強いです。アタック感が弱い分、アコギなどのクリーントーンを使った演奏の時には丸くて温かみのある音が出せます。

デルリン

表面がざらっとしているため、手汗をかきやすい体質の人でも弾きやすいです。

ウルテム

ウルテムは人の爪に近いといわれている素材です。持ってみると弾力があり、他の素材とも大分違う弾き心地です。弾いた時の響きがいいため、アルペジオなどのクリーントーンにも向いています。

ピックの厚さ

最後にピックの厚さです。

ピックの厚さはmm表示されているものと、THIN・MIDIUM・HEAVYと書かれたものがあります。

THIN・MIDIUM・HEAVYの厚みとmm表示の関係は大体以下のとおりです。ものによっては1.38mmのような数値が細かい厚みのものもあります。

THIN/SOFT ・・・ ~0.6mm位
MIDIUM ・・・ 0.7mm~0.9m位
HARD/HEAVY ・・・ 1.0mm~

一般的に薄いとアタックは弱いですが力がなくても弾きやすく、分厚いとリフなどをガシガシ弾きたいときに向いていると言われます。

レッスンでもピックの選び方の相談も受けています。

遠慮なくぜひ相談してみてくださいね。

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム