「ギターは立って練習するべきか、それとも座って練習するべきか?」という質問はよく聞きます。

確かにギター初心者にとってはどっちがいいのかわからなくなりそうな悩みですね。

というのも、ミュージシャンを見るとライブでは立って演奏していますし、でも教則ビデオなどを見ると座っています。

人によっては「別に立っても座っても弾くことに変わりがないのだからどっちでもいいじゃん!」と思う方もいるでしょう。

はて、それでは一体どちらが正しい弾き方なのでしょうか?

基本は座って練習

座って演奏するのと立って演奏するの、どちらが正しいかと聞かれればどちらも正しい、というのが正解です。

とはいえ、基本的には座って練習することをお勧めします。

本来ギターというのはもともと座って演奏する楽器でした。

そのため座って弾けば最も安定した姿勢で練習することができます。

この安定した姿勢で練習すれば、練習中にフォームやピッキングなどを確認しながら練習できるのです。

逆に立って練習ばかりしていると、座ったときに演奏がしづらくなってしまいます。

そういう人も、なるべく座って練習することをお勧めします。

しばらく座って練習していれば、慣れてきます。

ちなみに、プロの中には立って演奏するとき、ギターの位置をものすごく低くして演奏している人もいますよね。

そういう人は座って演奏してもめちゃくちゃうまいです。

LUNA SEAのSUGIZOさんやGALNERYUSのSyuさんも、普段はかなりギターを下げてプレイされていますが、座ったときでも素晴らしいプレイをされます。

これは、プロは基本的に座って練習していて、ライブなどでは立って演奏するようにしているからです。

「座っても上手に弾けるからこそ、立って弾いても上手」ということを覚えておきましょう。

ライブ前は立って練習しよう

先ほどは座って練習することをオススメしましたが、それは普段の練習のときです。

もし直近でライブがあるのであれば、立って練習することをおすすめします。

当たり前ですが、座って練習ばかりしていては、立って演奏することはできません。

ライブでギターを低い位置で演奏する人にとっては、座っている時と比べてフィンガリングもピッキングもかなり違う印象になるでしょう。

ライブでスムーズに演奏できるように、ライブ前は立って練習して大丈夫です。

人によってはライブパフォーマンスも含めて練習するでしょう。

おわりに

今回は立って練習する方法と、座って練習する方法についてお話ししました。

基本的には座って練習し、ライブ前の練習は立って練習するようにするといいかと思います。

ぜひ試してみてくださいね!

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
→お問い合わせフォーム