「毎日どれくらい練習すればいいでしょうか?」という質問はネットでもレッスンでもよく聞くテーマだと思います。

正直なところ、その人のライフスタイルや時間の使い方にもよりますし、その人の目標レベルによっても変わるので一概には言えません。

しかし、毎日コツコツやることと、週一で一気にやるのとではそれぞれメリットとデメリットが変わってきます。

今回はそういったメリット・デメリットをお話しするので、ぜひ自分の練習に役立ててみてください

毎日コツコツは復習に向いている

毎日コツコツやるのは、既に学んだことを復習・反復練習するのに向いています。

仮に毎日1時間練習していたとして、その1時間でできることというのは限られてきます。

おそらく基礎練習、今まで学んだ反復練習を行っていたら、1時間はあっという間でしょう。

ですので新しいことを習得するというよりは、既に学んだ練習などを復習し、その精度を上げることを目標にした方がいいでしょう。

逆に言うと何か新しい曲をコピーしたり、新しい練習を習得したりするの時間がかかってしまうため、毎日コツコツ練習するのには向いていないでしょう。

週一で一気は新しいことを学ぶのに向いてる

週一でまとまった時間を取ると、時間がある分新しいことを学ぶ余裕が出ます。

ですので、まとまった時間があるときは復習をしつつも、新しい練習を始めるのがいいでしょう。

曲をコピーするにも、まずはコピーに時間がかかってしまいますからね。

なので時間をかけて行いたいことがあればまとまった時間を使うのがオススメです。

一方で回数はあまりこなせないので、復習だけにはあまり向かないですね。

理想は毎日コツコツと週一の混合

一番の理想は仕事や学校のある平日は復習の練習をやり、休日にまとまって練習を行うという方法です。

もちろん人によっては毎日練習するのは難しい、、、という人もいるでしょう。

そういう場合は平日に2回、休日に1回のようにするといいでしょう。

週一回よりも週二回の方が習得のペースが上がるという研究結果もあります。

ですので平日5日のうち2日を軽く復習にあててあげるのです。

週一の練習は午後に予定が入っていれば、午前中に4時間ほどまとめて練習してあげれば良いのです。

毎日練習に慣れてない人にとっては、こういう風にできる量を確実にこなしていくことは大事なことです。

ぜひ試してみてくださいね!

おわりに

今回はよく聞かれる練習の回数や時間についてお話ししました。

個人差がある内容ですので、今回の記事を参考に自分なりの回数を設定したあげるといいです。

レッスンでもこういった相談は受け付けてますので、遠慮なく聞いてくださいね。

 

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
→お問い合わせフォーム