ギターを始めると、「アコギ」や「エレキ」と言った単語が飛び交うことになると思います。

しかし、これからギターを始める初心者の人にとっては、アコギもエレキも何がどう違うのかわからない人も多いと思います。

そこで今回はエレキギターとアコギ(アコースティックギター)の違いをお話します。

エレキギターとは

エレキギターというのは「エレクトリック・ギター」の略称で、英語では「electric guitar」と書きます。

名称からもなんとなく想像できるように、エレキギターは電気を使うギターになります。

ロックバンドなどでよく使われる、ジャカジャカ言わせているギターがエレキギターです。

一方シンガーソングライターが弾き語りに使っているのがアコースティックギターになります。

本来ギターという楽器はヴァイオンリンなどの弦楽器と同じように、電気を使う楽器ではありませんでした。

しかしいつしか人間は、ギターの弦の振動を電気的に受け取り、電気信号に変換して扱うようになります。

こうすることでスピーカーなどにつなげて、アコースティックギターの時には考えられなかったくらいの大音量で演奏できるようになりました。

またそれだけでなく、ギターの音をエフェクターと呼ばれる機材を使って音色を変化することもできるようになりました。

ちなみにエレキギター弦の振動を受け取るパーツのことをピックアップ(英語で「拾いあげる」という意味)と言います。

おわりに

ギター初心者にとっては意外とこういう部分がよくわからなかったりしますよね。

人によっては「自分はギター初心者なのだけれど、あまりに初歩的な質問するのはどうなのだろう・・・」と遠慮してしまう人もいるようです。

ですが初心者はわからないことが多くて当たり前です。僕のレッスンでは遠慮なくなんでも聞いてくださいね!

 

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
→お問い合わせフォーム