アコギとは?

アコギとは「アコースティックギター」の略称です。

エレキギターと比べてより古典的な楽器で、スピーカーなどを使わずに本体の音だけで演奏できます。

フォークソングやギター弾き語りなどでよく見るのではないでしょうか。

アコギは弾き語りだけでなく、ソロギターの演奏にも使われますね。

主にフォークギターというスチール弦(金属の弦)を使ったギターのことを示します。

エレキギターとの違い

エレキギターはボディについているピックアップというパーツで音を拾い、それをアンプで電気的に増幅し音を出しています。

そのため、生音での演奏に向いていない楽器です。

一方アコギは生音で演奏するのがメインのクラシカルな楽器です。

アコギもコンサートをするときにはピックアップで音を拾ったり、マイクで音を拾ったりしながらスピーカーから音を出します。

しかしそれはあくまで生音の音量を大きくしているだけなので、エレキギターとの音色とは大きく違っています。

クラシックギターとの違い

クラシックギターはガット・ナイロンなどの金属ではない弦が張られたギターです。

広く言えばフォークギターもクラシックギターもアコギと言えますが、一般的にフォークギターのことをアコギと言い、クラシックギターとは区別されています。

クラシックギターは主にクラシックの曲を演奏するのに使われます。

ポピュラーミュージックで言えば、ボサノバなどにも使われますね。

 

 

♪埼玉大宮 KEIMEIギター教室♪
レッスンのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム